本文へスキップ

木更津美術研究所は芸大美大受験を志す方を専門的に指導する美術予備校です。現役合格多数

【お気軽にお問い合わせ下さい】
TEL 0438−23−1866
【受付時間】月〜金 10時〜20時 (土)10時〜17時

合格者コメント デザイン・工芸


合格おめでとうございます これからの活躍を応援しています!


(木村 円香 県立木更津高校 現役合格

●武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
●武蔵野美術大学 基礎デザイン学科
●東京造形大学 グラフィックデザイン専攻





私は高校2年生からキサ美に通い、絵を楽しみながら受験に望むことが出来ました。私はキサ美に来て、本当に良かったと思っています。個人指導の予備校ならではの温かさや、居心地の良さが、絵への集中につながり、質の良い練習ができたと思います。
キサ美では、生徒一人一人が自分の納得のいくような絵を描けるまで、先生が指導して下さいます。納得のいかないまま、沢山の人と競っても自分に自信をなくし、将来を諦めるようなことがあるかもしれません。
キサ美の先生は、一人一人の作品を10分以上かけて講評してくれます。受験で一番大事なのは、先生に教えてもらう基礎力だと思います。
私はキサ美で基礎をしっかり鍛えてもらったおかげで、試験の時も、他の受験生たちの様子に戸惑うことなく、自信を持って臨むことができました。
私が志望校に合格できたのもキサビに通ったおかげだと本当に思います。





(喰田 佳南子 木更津総合高校 合格
●多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
●多摩美術大学 情報デザイン学科
●東京造形大学 グラフィックデザイン専攻




合格までをフリカエル〜!
高校生の時は、色んなことが漠然としてました。分かったつもりで、分かってないってことがほとんどで…。でも、キサビの皆と絵の勉強をしているうちに、タマムサに行きたい気持ちはどんどん大きくなりました!
現役時代はとにかく部活漬けだった私。受験は勢いと体力で乗り切ったけれど、やっぱり結果を見た時は本当に悔しかったです、
浪人生になってからは、自分のことばっかりに時間を使えました。白い画面に、気持ちも技術もぶつけました。つい前のめりになって歩いてしまうくらい、必死な気持ちで毎日を過ごせたと思います。
仲間の存在は本当に大きかった、、家族以上に一緒に居ましたもん(笑)
私にとって浪人の1年間は、贅沢な贅沢な時間でした。
そして!こんな私を根気強く指導して下さった三浦先生。ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。





(榎本 紗織 君津高校 合格
●多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
●武蔵野美術大学 デザイン情報学科
●東京造形大学 デザイン学科グラフィックデザイン専攻




わたしは高2の秋頃から、キサビに通い始めました。
はじめは慣れない道具や環境に戸惑いましたが、先生や友達が優しく教えてくれたのでのびのびと制作することが出来ました。
キサビは少人数なのでデザインコース以外の受験生とも気軽に話が出来るのがいいところです。先生とも制作の合間やお昼休みには、たくさんの話をしました。デザインや美術史の話はもちろんしましたが、映画や俳優の話、美味しいパスタの作り方、それから宇宙の話まで!本当に幅広く話をしました。美大受験には関係ないことのように思うかもしれませんが、今となってはデザインだけではなく、いろいろなことに興味を持つきっかけになったと思うので、とても大切な時間であったと思います。
現役で落ちてしまったわたしに、一年間デザインについて真っ正面から考える時間を与えてくれたキサビのおかげで、今年は嬉し泣きすることができました。
本当にキサビには感謝しています。この気持ちを忘れずに大学でもがんばります!





(鴇田 芽衣子 木更津総合高校 合格

●多摩美術大学 生産デザイン学科 テキスタイル専攻
●多摩美術大学 工芸学科
●武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科
●東京造形大学 デザイン学科 テキスタイルデザイン専攻



私がキサビに入ったのは、高校を卒業してからでした。
今まで特にやりたいこともなかった私が、初めて自分で強く望んだことが美大受験でした。
全く何も描けない日や自信をなくし落ち込んだ時、納得のいかないものを生産してしまったことも多々ありましたが、諦めることなく努力し続け、結果として第一志望に合格できたのは先生の熱心なご指導と、仲間の存在があったからです。
コーヒーを毎日煎れてくださったり、たまに食事を作っていただいたり、色んな話をされたり、ご指導以外でもとてもお世話になりました。
この1年間は私にとってとても有意義で大切な時間でした。
この1年間で得たものを忘れずこれからもっと精進していきたいと思います。
本当にありがとうございました。





(北村 愛実 木更津高校 現役合格)
静岡文化芸術大学 デザイン学部 デザイン学科





私は三年の春期講習会に参加して、夏から通うようになりました。他の美大を目指す生徒さん方と比べたら、時期としては遅いように思います。しかし先生には受験する学校ごとに試験の要所やコツを教えていただき、通った分だけ少しずつ自分の技術が向上していけるのを感じました。
伸び悩んだ時も、その都度対応してくださり、自分は何が得意で苦手なのかを明確に知る事ができました。
どのタイミングからだとしても、自分自身の目標に対する努力次第だと思います。先生と二人三脚でそれぞれの夢に向かって是非頑張ってください。応援しています。





(船越 源  君津高校 現役合格
武蔵野美術大学 基礎デザイン学科
多摩美術大学 統合デザイン学科
東京造形大学 グラフィックデザイン専攻




私がキサビに通い始めたのは高2でした。
初めのころは慣れない環境で緊張と不安でいっぱいでしたが、先生の絶妙なユーモアがツボにはまりすぐに慣れることが出来ました。
少人数制ということもあり、生徒一人一人に対する講評もじっくりとして下さり、今後直すべき点と伸ばしていく点を明確に示してくれました。
また、キサビの友人との会話ではデザインについての話で盛り上がり、デザインの奥深さと面白さという根幹を知ることが出来ました。それはデザインをする上で最も重要なことだと思うので、キサビに入って良かったと心から思います。
そして何よりプレッシャーにめっぽう弱い私が、受験という一番プレッシャーのかかる場でリラックスし、楽しく描くことが出来ました。それはキサビで描いてきた数々の作品のおかげだと思います。絵を描くことの楽しさや深みを教えて頂きありがとうございました。





(厚地 彩 君津高校 現役合格
●多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
●多摩美術大学 統合デザイン学科
●女子美術大学 ビジュアルデザイン専攻





私は高校2年からキサビに通い始めました。
制作を進めるうちに行き詰まる事もありましたがその度にアドバイスをくださり、先生の熱心なご指導のおかげでモチベーションを最後まで保ち続ける事が出来ました。
またコーヒーやお菓子などをいただいたり息抜きにお話をしたりしてとても安心して制作に専念する事が出来ました。
おかげさまで無事合格出来ました。三浦先生本当にありがとうございました。





(監物 佳南枝 君津高校 合格
●多摩美術大学 情報デザイン学科
        情報デザイン専攻
●東京造形大学 グラフィックデザイン専攻





美大に行きたい!興味がある!という方は、今すぐキサビに足を運んでみてください!私は部活を引退してからキサビに通い始めました。始まりが遅い上に何もわからない状況でしたが、道具の使い方や基本的な考え方まで、先生が丁寧に指導してくださったおかげで楽しく制作が出来ました。作品の講評も一人一人時間をかけて行ってもらったのでとても分かりやすかったです。休み時間にはたくさんお話をして、たくさん笑いました。キサビは美術が学べて、とてもリラックスできる場所です。
素敵な空間を作ってくれて、丁寧な指導でサポートしてくださった先生に感謝です。本当にありがとうございました。
私は浪人のこの1年で、今までよりデザインについてしっかりと向き合えました。だからこそ、もっと早くキサビに通っていれば!なんて思ったりもします。だから今美大に行きたい人はぜひキサビに通ってほしいです。キット合格に導いてくれますよ。




(桐谷 友佳 君津高校 現役合格
●多摩美術大学 情報デザイン学科
        メディア芸術専攻
●東京造形大学 メディアデザイン専攻



私は高校2年生からキサビに通い始めました。
私はそれまで、美術部にも入っておらず、デッサンも描いたことがありませんでした。そんな、ど初心者の私にも先生は基礎から丁寧に教えてくださり、また、なかなかうまく描けず、どうしたらいいか分からないときも、的確にアドバイスをしてくださいました。
お昼休みや授業のちょっとした空き時間に、先生がいれてくださったコーヒーやスープがとても美味しく、毎日ひそかにそれが楽しみでした(笑)
教室は和気あいあいとした過ごしやすい空気で、楽しく絵を描くことができました。
また、同じ大学を目指す友達の存在も大きく、全員の前で一斉に講評が始まるので、見られていると思うとよりいっそう上手く描けるようになろうという意欲が湧いてきました。
第一志望に現役合格できたのも先生のおかげです。キサビで学んだことをこれからも生かしていこうと思います。



(高浦 向日葵 青葉高校 合現役合格
●多摩美術大学 工芸学科






私は高校2年生の秋からキサビに通い始めました。遅いスタートかと思い焦りましたが、じっくりと確実に基礎的な力を身につけることが出来ました。
キサビはとても暖かい雰囲気で、先生や友達とたくさん話をしました。時々、大学に進学した先輩やすでに美術の仕事をされている先輩方が訪れて、大学の事や職場のことなど、ためになる話をたくさん聞くことが出来ました。
高校では私以外に美大を目指す人がいなくて、なんとなく制作していましたが、キサビでは同じ目標をもって努力をしている仲間たちがとてもいい刺激になりました。
1年半の間でしたが、毎日美術に触れている生活はとても楽しく、素敵な時間をキサビで過ごすことが出来ました。
三浦先生、本当にありがとうございました。
キサビで学ぶことが出来て本当に良かったです。





(阿部 智夏 志学館高校現役合格
●多摩美術大学 情報デザイン学科






私は昔から絵を描くのが何よりも好きで、高校に入って進路を考えた時に絶対に美大行きたい!と思いました。
美大受験に臨むには、その「絶対」と思う気持ちが大切だと思いました。自分が頑張れば先生も一生懸命教えてくれます。
あと、絵を描くことが楽しいと言う気持ちが一番大切だと思いました。絵を描くのが楽しいと、受験という緊張の場でもリラックス出来ます。
初めはデッサンも全然できなかったのに合格出来たのは、先生と友達、家族のおかげです。
ありがとうございました!





(佐久間 千穂 君津高校現役合格
●多摩美術大学 情報デザイン学科
●東京造形大学 デザイン学科グラフィックデザイン専攻






私が美大を目指したいと思ったのは高校2年の秋ごろでした。冬期講習会で初めて本格的にデッサンをした時、訳も分からず困っている私に、三浦先生はとても丁寧にエンピツの削り方から量感の出し方まで、様々なことを教えてくださいました。
私はストレスからか元々持っていた喘息が悪化して、なかなかキサビに行けなくて精神的に焦ってしまうことがありましたが、三浦先生や一緒に美大を目指す友達に励まされ、なんとか最後まで乗り切ることが出来ました。
私にとってキサビは実技はもちろん、それ以外でも多くのことを学べる特別な場所でした!
キサビに入ってよかったです!
本当にありがとうございました!!





(岡村 康祐 袖ヶ浦高校現役合格
●東京造形大学 デザイン学科プロダクトデザイン専攻
●桑沢デザイン研究所 総合デザインコース





僕は部活動をしていたため、周りと比べてキサビに入ったのは遅くとても焦っていました。
最初は緊張して、制作もはかどらなかったけれど、先生のアドバイスで少しずつ楽しく制作が出来るようになって来ました。
時には思うように描けなかったり、うまく表現できなくてつらいこともありましたが、キサビにあるいろんな作品を見たりしながらあきらめずに頑張りました。
今、こうして合格できたのもキサビと三浦先生のおかげです。本当にありがとうございました。





(本間 菜未 木更津東高校現役合格
●東京造形大学 デザイン学科アニメーション専攻







3月に進路を決めた時は、今から予備校に入って美大に合格するかとても不安に思っていました。予備校ではとても上手な人がたくさんいて、自分はついていけるのか怖くなりました。
しかし、先生からたくさんアドバイスをいただいたり、友達からも元気や勇気をもらい頑張ることが出来ました。毎日の積み重ねは本当に大切だと思いました。
先生と友達の支えがあって合格することが出来たのだと思います。
木更津美術研究所で学んだことは、これからも大切にしていきたいです。





(君津高校 現役合格
●多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
●多摩美術大学 情報デザイン学科
●武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
●武蔵野美術大学 基礎デザイン学科
●武蔵野美術大学 デザイン情報学科




私は高校1年の冬から、画材の使い方もどのような作品が良い作品なのかもわからないような状態でキサビに通い始めました。
上手く描けないときは、何度か心が折れそうになりましたが、先生の指導や、共に努力した仲間の支えにより、大学へ合格できる画力を身に付けることが出来ました。
キサビは、生徒が少人数制なので、個人の進度にあわせた指導で授業の密度が高いです。
時間内で完成させるよりも、生徒が納得するところまで制作することを優先するため、焦らず画力の向上のために、じっくり制作することが出来ました。
また、先生から卒業生や自身のお話など、様々なお話を聞くことが出来て、とても楽しかったです。
そして、生徒同士が仲が良く、アドバイスしあったりして、受験だけでなく、デザイナーや学生の活動などの情報交換も出来ました。
私が辛い受験を乗り越えられたのは、このような先生の指導や仲間の支えがあったからです。
この経験を忘れずに大学でも頑張っていこうと思います。





木更津高校 現役合格
●多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
●多摩美術大学 情報デザイン学科
●武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
●武蔵野美術大学 基礎デザイン学科
●武蔵野美術大学 デザイン情報学科
●東京造形大学 デザイン学科グラフィックデザイン専攻



わたしがキサビに通い始めたのは、去年の春からでした。
そのつい数ヶ月前までは進路が決まっておらず、好きなことがやりたい!と思って、美大を受験しよう!と決めました。
キサビに入ってからも、今までしっかりとデッサンしたり、絵の具に触れる機会もほとんど無かったので、何がなんだかわからずに、とにかく出された課題を仕上げるのに精一杯でした。
しかし、三浦先生のわかりやすくて、あきっぽい私が興味をそそられるような楽しい指導のおかげで、毎日楽しく!ヒジョーっに楽しく!制作ができ、たくさんたくさん成長することが出来ました。
キサビはアットホームで少人数制だったので、アドバイスを受けやすく、美術の初心者が受験するにはすばらしい環境だと思います。
キサビのみんなで励ましながら、お互いに良いコンディションで受験に臨めたので合格できたのだと思います。
心から先生とキサビの皆様に感謝です!! ありがとうございました!!!!!





(木更津高校 現役合格

●多摩美術大学 情報デザイン学科
●東京造形大学 デザイン学科 グラフィックデザイン専攻



部活動一筋で高校生活を過ごしてきたので、私が美大受験対策でキサビに通い始めたのはみんなよりも少し遅いスタートでした。
わからない事だらけで通い始めましたが、先生の丁寧な指導のもと、どんなに細かいこともわかりやすく教えてくださいました。
また、作品の講評のときも、どこが悪かったのか、そして次にどう改善するべきか、というように、次の作品に向けて様々なアドバイスやヒントを与えてくださったので、作品を描くたびに上手く描けるようになるという実感に繋がった気がします。
そして、キサビで出会えた仲間も、私にとっては、かけがえの無い存在です。みんなが作品を描く様子や、お互いの講評など、学べる部分が本当にたくさんでした。
普通の予備校ではなかなかないくらいに、アットホームな雰囲気のキサビが本当に大好きです。
先生をはじめ、最後まで応援してくれた家族や同級生、キサビの仲間には感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました!!





(木更津高校 合格
●武蔵野美術大学 基礎デザイン学科


去年の春に、私は1からデザインの勉強をするために今まで通っていた大学をやめ、キサビで学ぶことを決意しました。
いざ、本格的にデッサンを始めると、様々な壁に突き当たりました。
特にデッサンにおいてはなかなか上達せず、途中で投げ出してしまいたいという思いに駆られることもありました。
それでも、三浦先生が作品の改善すべき点について何度も丹念に指導してくださったことや、キサビの仲間たちと互いに作品について意見交換をしたり、他愛の無い会話を交わしたりする中で、知識は増え、感性も磨かれ、制作する楽しさを知ることが出来ました。
そうした経験が最終的に志望大学に合格という結果をもたらしてくれたのだと思います。
これからの人生の新しい舞台に立とうとしていますが、キサビを通して経験したことや学んだこと、そして出会った人たちのことは一生忘れません。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。






(木更津東高校)合格
多摩美術大学
グラフィックデザイン学科
多摩美術大学
情報デザイン学科
情報デザインコース
武蔵野美術大学
基礎デザイン学科



私は高校生の頃、漠然と美大に行きたいとは思っていましたが、自分の画力では無理かもしれないと諦めかけていました。そんな高3の夏に学校の先生から紹介して貰ったのが、キサビでした。
何も分からず始めた美大受験でしたが、キサビは少人数制で集中して制作に取り組め、先生の親身な指導で制作を続ける力を身につけることが出来ました。現役の時に落ちてしまい、自信が無くなって、不安や焦りでうまく描けない日が続いた時も、先生や親や友達が励ましてくれたお陰で一年間頑張る事が出来ました。
一度落ちても諦めずに続けられて、希望の学科に受かる事が出来たのは、キサビで学んでいたからだと思います。一年半本当にありがとうございました。
大学に行ってもキサビで学んだ大切な事を忘れずに頑張っていきたいと思います。


(木更津高校)現役合格
多摩美術大学 工芸学科
東京造形大学 デザイン学科






私にとってこの1年はたくさんのことを克服して吸収できた重要な年になったと思います。
それはキサビで学んでいなければ得ることの出来なかった1年です。
まず、雰囲気が良いのです、とても。先生もお茶目で面白くて、いろんなお話をしてくれました。講評のときは、作品のどこが良くないのか、そしてそこをどうしたらよくなるのか私自身がちゃんと理解できるように教えてくださり、次回の制作に繋がる指導をして下さいました。そのおかげで、始めは何を描いてもうまくいかなかった私が、ここまで来ることが出来のだと思います。
そして友達の存在には助けられることが多々ありました。みなと一緒に制作の合間のお昼に話したりした時間が私はすごく居心地が良くて楽しかったです。
何より、そんな仲間たちと切磋琢磨することで、いつも向上心をもって制作に取り組むことが出来ました。
大学の入学が決してゴールではありません。キサビで得た沢山の事を忘れずにこれからもがんばります。本当にありがとうございました。


(木更津高校)現役合格
多摩美術大学
情報デザイン学科
情報デザインコース
東京工芸大学
ビジュアルコミュニケーション学科



私がキサビに通い始める前、美大に行きたいと思いつつ、将来のことを考え悩みすぎたり、自分の決意が揺らぎ、つらかった時期もありました。
しかし、そんな私が晴れて美大生になれたのも、私と本気で向かい合って最後には美大に行くことを許してくれた両親、受験のことしか語っていないのに真剣に聞いてくれた学校の友達、キサビのみんな、そして、的確なアドバイスをたくさん教えてくれた三浦先生、ここまで支えてくれた人の存在があったからです。
ありがとうございました!!


(君津高校)現役合格
多摩美術大学 工芸学科







部活が忙しく、進路が漠然としか決まっていなかった私に、先生はいろんな道を提示してくれて、納得の行く道を見つけることが出来ました。
試験が近づいてきた頃、美大入試の対策を始めるのが遅かった私は、焦ってしまいました。直前になっても作品を時間内に終わらせることが出来ず、時間を気にするあまり作品の質が落ちてしまいました。
その時、先生から「時間内に終わらなくていいから焦らずゆっくり」と、声をかけていただいたおかげで落ち着いて制作できるようになり、自然と時間内に制作できるようになりました。
またキサビは生徒同士の仲がとても良く、キサビに行くのが楽しみでした。普通の予備校ではありえないくらい暖かくて、良い意味で堅苦しくないアットホームなキサビが大好きでした。本当にありがとうございました!


(拓大紅陵高校)現役合格
東京造形大学 デザイン学科
桑沢デザイン研究所 
総合デザイン









私は進路の決定をしていく際、なかなかやりたい事が決まらずとても悩みました。昔から絵を描くことが好きだったので美大を考えた事もありましたが、それこそ落書き程度で今まで碌に絵も描いた事のない私が、と考えて諦めていました。しかし両親の後押しもあり、高3からキサビに通い始めました。
当時は周りより遅く始めた事や、受験まで時間が限られていた事から不安を抱きながら入ったことを覚えています。しかしキサビに通い始めると少人数なクラスで先生にも熱心な指導をいただき、そしてなにより自分のペースで作品を制作していける点がマイペースな私には有難かったです。正直、プレッシャーに弱い私だったので、こういった方針のキサビにとても助けられ、落ち着いて受験までの時間を過ごせました。そして無事、美大合格も出来ました。
何も知らない状態で訪れた私を快く迎えてくださった三浦先生には本当に感謝しています。
ありがとうございました!


(木更津高校)現役合格
多摩美術大学 環境デザイン学科
武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科
武蔵野美術大学
空間演出デザイン学科
東京造形大学
テキスタイルデザイン学科
桑沢デザイン研究所 総合デザイン
最初は何を描けばいいのかわかりませんでしたが、何枚か制作するにつれだんだん描けるようになり、自分の弱点もわかるようになりました。
僕は高校2年の夏休みから始めたので、基礎からしっかりと学ぶことができました。高校3年になってからは、月曜日から土曜日は、学校が終わるとすぐにキサビに来て、夜ギリギリまで制作することができました。とても疲れましたが、その反面とても充実していました。キサビは少人数制なので友達もすぐできるし、先生はとても愉快な先生なので、楽しく通うことができました。友達同士でアドバイスし合ったり、先生のわかりやすい説明のおかげでいつの間にか上達していた感じです。
キサビでは、受験に必要な技術だけではなく、いろいろなことを学ぶことができました。キサビで毎日頑張れたからいい結果に繋がったし、自身にもなったのだと思います。キサビで学んだことを忘れずに大学でも頑張りたいと思います。ありがとうございました。


( 幕張総合高校)現役合格
武蔵野美術大学 基礎デザイン学科
多摩美術大学 情報デザイン学科
       情報デザインコース
桑沢デザイン研究所
総合デザインコース





私にとって絵を描くことは、昔は勉強や日常からの息抜きで何より楽しい時でした。
しかし、美術大学受験を考えてからは絵を描くことが受験勉強になってしまい、上手く描かなきゃと焦ってしまいました。
それをまた絵を描くことが何より楽しいことにさせてくれたのがキサ美でした。
最初は週6日なんてきついなあ思っていたけど、きさ美で絵を描いている時間は楽しくて、キサ美に行くのは楽しみでした。
自分で上手くいかなくて、納得できない作品でも、先生は作品の良い所を見つけてくださり、どうしたらもっと良くなるかを的確に指導してくださいました。だから、いつも次はもっといい作品を描こうと前向きな姿勢で取り組むことが出来ました。
私が美大に合格できたのは、本当にきさ美だったからこそです。感謝してもしきれません。きさ美で学んだことを忘れずに大学で頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました。

( 袖ヶ浦高校)現役合格
多摩美術大学
グラフィックデザイン学科
多摩美術大学 情報デザイン学科
情報デザインコース
桑沢デザイン研究所 
総合デザインコース





見事、合格することが出来ました!びっくりしました!
合格の秘訣は......それは、キサビですごした時間全てだと思います。
僕は高校2年の冬にキサビに入りました。
作品の制作中、先生は上手く表現できずに悩んでいる部分をその場で指導してくださり、完成作品に対する講評では次回作への改善点が見えてきて、前向きに次の作品に取り掛かることができました。
仲間とは同じ課題に取り組んでいたので、お互いの作品が刺激になり、より自分の伝えたいものを明確に表現したいと思い頑張ることが出来ました。
制作中だけではなく、その合間に先生や仲間と語る美術やデザインについての話も、美大進学に対する強い志を持つことに繋がりました。特別、美大合格のために無理をしたという感じは全くありません。キサビで描き続ける!その中で自分の気付かぬ内に実力が付いていたんだと思います。本当に楽しい時間をすごさせてもらいました。尚且つ結果も出せました! 先生、仲間.....キサビにいたみんなのおかげです!本当にありがとうございました!

(県立木更津東高校)現役合格
多摩美術大学  環境デザイン学科
東京造形大学 デザイン学科室内建築科











私は高校1年生の11月頃に、友達と一緒にデッサン体験講座を受けたのがキサビに入る切欠です。その後、冬期講習会に参加し、2年生の時から通い始めました。
初めの頃は、モチーフの形体が上手く掴めずに何度も行き詰ることがありました。また、素材の特徴を生かせず悩む日々もありました。
でも、先生が指導してくださった部分を改善していくことで着実に上達していくことがわかりました。先輩のアドバイスや友達の言葉に刺激される中で、自分の伝えたいことをどう表現したら相手に伝わるのか深く考えるようになりました。そう意識しているうちに様々なイメージが生まれて、作品を制作していくことが楽しく感じました。キサビに来たことによって、より強く美術って面白い!と思えました。
こんな自分が美大生になれるか心配でしたが、先生、先輩、友達、何よりも自分を信じ努力した結果、見事に合格することができました。キサビに来たからこそ合格できたのだと思います。
ここで学んだことを忘れずに大学でも日々努力していきます。本当にありがとうございました。


(木更津高校)現役合格
多摩美術大学 情報デザイン学科 
情報芸術コース
武蔵野美術大学 デザイン情報学科
 

高校3年生になるまで進学について真面目に考えていなかった自分でしたが、1学期が進むにつれて美大で勉強をしたいと思うようになり、キサビで実技勉強を始めました。
実力不足、経験不足で日々不安と焦りを感じていましたが、先生に基礎の基礎から丁寧に御指導頂き、充実した時間を過ごせました。友人達との交流も心強い支えとなり、何とか目標を達成することが出来ました。
ここで培った事を忘れることなく、大学で自分に更に磨きをかけたいと思います。

(君津高校)合格
武蔵野美術大学
空間演出デザイン学科
桑沢デザイン研究所 総合デザインコース
 

















私は学生時代に挑戦したいことがたくさんありました。
将来、楽しく仕事ができるように自分にぴったりの何かをずっと探してきました。
大学進学のときは1度は別の道を選びましたが、どうしても絵を描いたり美術を学ぶことを趣味だけでは終わらせたくないと強く思いました。
それからキサビに通いました。
先生は明るく迎え入れてくれました。
先生や先輩方のアドバイス、感性豊かな仲間の作品に刺激されながら、少しずつ表現を自分のものにして、1枚1枚作品を完成させていきました。
上手く表現できずにとても悔しくて嫌になることが何度かありました。
でも、私が続けていきたいことはこれだなぁという気持ちは変わらずにあったので諦めずに頑張れたのだと思います。
そして、ずっと支えてくれた先生、同じ目標を持つ仲間、美術の道の再出発を応援してくれた家族、みんなのおかげです。本当にありがとうございました。
これから大学で本当にやりたいことができるんだと思うとワクワクします。1つ1つを大切に受け止め頑張っていきたいと思います。

(県立木更津高校)現役合格
多摩美術大学 情報デザイン学科
情報デザインコース 
日本大学芸術学部 デザイン学科
コミュニケーションデザインコース

私がキサビに通い始めたのは高2の冬からでした。
自分の好きなことを学べる大学に行こうと思い美大進学を決めたもののデッサンをしたこともなく絵の具の使い方も知らない私は美大受験について右も左もわかりませんでした。
そんな私が美大に合格したなんて夢みたいです。キサビで先生や仲間たちと過ごせた充実た一年のおかげです。
みんなありがとう!楽しかったよ!

(君津高校)合格
武蔵野美術大学 デザイン情報学科
情報デザインコース


私は周りのみんなのように進路について真剣になれず、自分の将来に悩み続けてきました。
そんなとき覗いてみたキサビでたくさんのことを学んだと思います。
挑戦すること、妥協しないこと、夢をもつこと、努力すること。
キサビの魅力といえば、飾らない雰囲気の中でゆっくり制作できることや、先生の親身なご指導、所蔵している過去作品や美大の先輩方の訪問などなど…
ですが中でも私にとって貴重だったのは、制作の合間に取れた自由な気分転換です★
これまでデッサンなんてしたことのなかった私が10か月足らずで美大生になれたのは、自分らしさを尊重してくれるキサビだったからだと思います。
受験勉強は辛いこともたくさんあったけど、キサビでは制作を楽しみながら合格を目指せました。
ギスギスした「お受験」に染まることなく努力ができてよかったです。キサビいいですヨ★

(検見川高校)合格
武蔵野美術大学 建築学科 
東京造形大学 デザイン学科
インダストリアルデザイン専攻
東京造形大学 デザイン学科室内建築専攻

桑沢デザイン研究所 総合デザイン
  






キサビの利点は少人数制と人間関係の親密さです。
初めは不安でしたが、先生は毎回私の弱点克服のニーズに合わせてモチーフを組んで下さったりと的確な対応を取って下さり助かりました。
又、男女、先輩後輩、希望学部関係なく、比較的濃い人間関係を築け、先生や講師の方からは大学や近辺などの様々な情報を気楽に聞くことができました。
特に同学年の関係は厚く、美術以外でもよく助けてもらい、滅入ることなく強く生きられました。
皆ありがとうv大好きやで〜 ミムラ

越智 友志 (君津高校)現役合格
多摩美術大学 環境デザイン学科







自分は7月まで野球部で頑張っていたので、美大受験の対策は少し遅れてのスタートでした。
最初は同じ受験する人たちと上手くやっていけるか不安でしたが、話してみるとやさしいし、面白い人たちで、自分たちの中でもデッサンやデザインを直した方がいいと思う所などを言い合って、お互いに高め合うことが出来ました。
先生の評価と指摘はとても的確なので、そのポイントを直して描けた時に自分のレベルが上がるのを実感することが出来ました。
大学では環境デザインを志望したので、建築やインテリアについて学び、よりいいデザインを作れるように頑張りたいと思います。

(袖ヶ浦高校)現役合格
多摩美術大学 情報デザイン学科
女子美術大学 デザイン学科
桑沢デザイン研究所 総合デザインコース
  






私がキサ美に来たのは3年の5月でした。
その時既に3年生がたくさんいて、志望校もまだ決めておらず、漠然としか考えていなかった私は正直ついて行けるかどうかとても不安でした。でも、大学についてや受験対策など一からキサ美で教えてもらえました。
部活は美術部に入っていましたが、知らないことだらけで必要な道具やその使い方まで先生が丁寧に教えてくれてました。
週6日間の予備校は、学校や部活、学科試験の対策など両立が大変でなかなか上手くいかないこともありましたが、同じ目標を持った友達がいたおかげで支えられて頑張ることができました。
自分自身に負けず努力すればこんな私でもできるんだということに気付かされた1年でした。キサ美で学んだことを忘れないよう今後も頑張りたいと思います。
どうもありがとうございました!

(志学館高校)現役合格
多摩美術大学 情報デザイン学科
情報デザインコース
東京造形大学グラフィックデザイン専攻
桑沢デザイン研究所
総合デザインコース



私がキサビに通い始めたのは高1の秋頃でした。その時はまだデザインやデッサンについて学んだこともなく、画力は全くというくらいありませんでした。しかし先生は初めの基礎から丁寧に教えてくださいました。
3年になりキサビに週6で通うようになって最初は、「毎日はきついんじゃないかな?」と思ってましたが、先生と色々楽しい話をしたり、周りのキサビ生とも仲良くなり楽しく通うことが出来ました。
受験が近づくにつれ、不安などから上手くデザインやデッサンが書けなくなる時期もありましたが、先生の励ましや周りのキサビ生と一緒に頑張れたおかげで、希望の大学に入学することが出来ました。これから希望の大学でデザインを学べるのも、キサビで学べたおかげです。本当にありがとうございました。

(木更津高校)現役合格
多摩美術大学
グラフィックデザイン学科
桑沢デザイン研究所 
総合デザインコース

木更津美術研究所は少人数制なので大手予備校にはないアットホームな雰囲気で、毎日本当に楽しく通うことができました。受験は身体的精神的にとても追い詰められることですが、同じ目標を持つ友達や先生、講師の方々がいたので「受験がつらい」と思ったことはありませんでした。
なかでも友達の存在は大きく、受験日も一緒に会場まで行き、その日の出来を夕食を一緒に食べながら話せる友達がいたのは、同じ大学の試験が2日以上ある美大ならではのことでした。だからこそ、私は落ち着いて受験に臨めたのだと思います。
毎日の制作の中で確実に何かを学び取れるように努力すれば、短い期間でも合格することはできると、私に自信をつけさせてくれたのは、木更津美術研究所に通った時間があったからです。本当にありがとうございました!

(検見川高校)合格
武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科
東京造形大学 デザイン学科
インダストリアルデザイン専攻
桑沢デザイン研究所 総合デザイン



私がキサビに入ったのは高校3年の5月です。入った頃はまだ大学進学も考えていませんでした。
キサビで毎日絵を描いてデザインの勉強をしていくうちに、ものをデザインする魅力に惹かれ自分も将来、ものづくりの仕事に就きたいと思いました。
いよいよ受験という1ヶ月前あたりから、緊張のせいかデッサンがどうしても上手く描けなくなりました。
あせっている私に先生は 「今までやってきたんだから冷静にやれば大丈夫」 と、何度も言ってくれました。
試験当日は先生のその言葉がずっと頭に浮かんでいました。
おかげで、あがり症の私も何とか落ち着いて受験でき、第一志望の大学に合格することができました。
受験というプレッシャーの中で息詰まったとき、キサビは先生とじっくり話し合える本当に良い予備校です。
本当にありがとうございました。

(君津高校)現役合格
多摩美術大学 情報デザイン学科
武蔵野美術大学デザイン情報学科
桑沢デザイン研究所 総合デザイン科





私は高2の春期講習会、夏期講習会を受講して、秋からキサ美に入りました。美大はとても遠い存在だったのでキサ美に入るのも一大決心でした。
作品を作るにあたり、上手くいかず悩むことはたくさんあったし、やり直してもう一度もう一度先生に講評していただくことも何度もありました。
でもその分、上達が感じられたときはとても大きな喜びが得られました。
キサ美には同じ目標を持つ仲間がいました。先生方は親身になって指導してくださいました。
こんな環境が方氏を確実に美大へ、そして合格へと向かわせてくれたのだと思います。
本当にありがとうございました。

君津高等学校)現役合格
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
武蔵野美術大学 デザイン情報学科


私が本格的にキサ美に通い始めたのは、部活動を引退したあとからでした。それから受験までの数ヶ月間は本当にあっという間でした。
上手くいかなくて苦しんだこともあったけれど、そんな中で私が週6日楽しく通うことが出来たのはキサ美だったからこそだと思います。
休憩のときは先生や友達と楽しくしゃべって、描くときは集中して描く。そんなメリハリのあるキサ美での毎日の中で、自分でも少しずつ上達を感じることが出来ました。
キサ美に来るまでデッサンをしたことがなかった私を憧れの美大生にさせてくれたのは、まさにキサ美です!本当にありがとうございました。

(私立明聖高校)現役合格
多摩美術大学グラフィックデザイン学科
多摩美術大学情報デザイン学科
東京工芸大学アニメーション学科
東京工芸大学メディアアート学科


きっと今日までたくさんの人が私に何かを伝えようとしてくれ、何割かは私に届き、何割かは私に届かなかったでしょう。
美大を受けるに当たって、先生は私にたくさん伝えたかったことがあったと思います。私がすぐ呑み込める事もあれば、1回では理解できず時間をかけてゆっくり教えてくださったこともありましたね。
幸い、その積み重ねが今回の合格につながったのだと思います。大学に入学しても少しずつがんばっていきたいです。
1年間ありがとうございました。

佐久間 千波(志学館高校)合格
日本大学 芸術学部 デザイン学科 プロダクトデザインコース













私は昔から絵を描くことが好きでした。
しかし、きちんと絵を学んだこともなかったので、絵についての知識や技術はほとんどありませんでした。
入試もだんだん近づいてきた夏の終わりに、私はずっと抱いていた「日芸に行きたい」という思いをどうしても捨てきれずに、それまで目指していた大学を諦め、日芸にチャレンジさせてもらうことにしました。
そのとき入試にデッサンが必要だと知り、真剣に絵を学ぼうといろいろ調べて行くうちにキサビに出会いました。
入試まであまり時間がなかったこともあり、通い始めた頃は間に合うかとても不安でしたが、先生はどんなことも丁寧に教えてくださり、そのおかげで基礎からきちんと学ぶことができました。
キサビで学んだことが自信になり、入試のときも落ち着いて試験を受けることができました。今思えば、私の合格にはキサビは必要不可欠だったと思います。
プロダクトデザインやデッサンなど、たくさんのことを教わり、たくさんの力をもらいました。本当にありがとうございました。

(袖ヶ浦高校)合格
武蔵野美術大学 デザイン情報学科
桑沢デザイン研究所 総合デザイン科











高校3年の夏、進路を決めなければならない本当にぎりぎりの時になって、やっぱり自分の好きなことを勉強したい!と思いキサ美にきました。
入った当初はまわりのみんなの上手さに圧倒され、ずっと自分の作品に自信をもてないでいました。
特に平面構成では色の作り方や塗り方でさえ戸惑っていました。何を描くのも思い通りにいかなくて悔しい思いをしました。
絵が好きなはずなのに「なんて絵の才能がないのだろう」と落ち込んでいました。
そんな私に、先生や先輩たちは熱心にアドバイスしてくれ、時にはうれしい言葉をかけてくれたり、時には厳しく悪いところを指摘してくれたりしました。
そのたびにいろいろなことに気付かされ、はじめは上手くいかないことの方が多かった私も、だんだん自分の中で思い描くものが、ちゃんとした作品として作れるようになってきました。それはとても嬉しくて楽しいことでした。
この1年半という期間、たくさんのことに悩んだり考えたりしたけど、今思うととても貴重で充実した時間だったと思います。
そう思えるのは、一緒にやってきた友達や後輩、先生や先輩たちがいたからだと思います。本当に感謝しています。
大学に行っても、ここで学んだこと、感じたことを忘れずに、自分の好きなことを追求していきたいと思います。

(君津高校)現役合格
東京造形大学 デザイン学科
インダストリアル専攻
武蔵野美術大学 
工芸工業デザイン学科


僕がキサ美に通い始めたのは高校3年の夏でした。
進路に迷っていたこともあり、美大受験を始めるには少し遅い時期だったのかもしれません。
でも、半年間でとても上達することが出来ました。
これは、キサ美での毎日の積み重ねがあったからこそです。
そして、先生や先輩方、仲間や僕にかかわってくれた人たちの指導と支えがあったからこそだと思います。
この木更津美術研究所で学び、得た様々なものは大切なものだと思うし、これからの僕を支えてくれるものだと思います。
本当にありがとうございました。


(木更津高校)現役合格
多摩美術大学 情報デザイン学科
武蔵野美術大学 デザイン情報学科
女子美術大学 デザイン学科









モチベーションを高く持つこと。

鉛筆の削り方、使い方。

一対一で受ける講評の緊張した雰囲気。

寒い階段で食べた、はるさめヌードルの味。

キサビであった数え切れないほどの出来事。
先生が一から教えてくれた基礎知識や技術、そしてなによりも絵を描く心構え。

全て忘れられない大切なモノになりました。

そしてキラリ光る感性を持ったキサビの仲間からはたくさんの刺激を受けました。

キサビで良かったです。キサビ最高です。大好きです。

今までありがとうございました。

今井貴文(君津高校)現役合格
多摩美術大学生産デザイン学科プロダクト専攻






















僕が始めて研究所へ見学に行ったのが高校2年の2月のことで、ちょうど1つ上の先輩が入試に行っているときでした。
その日から大学受験を考えるようになり、本格的に勉強と絵を始めたのが6月からです。本当はもっと早くから始めた方がよかったのはわかっていたけど、部活動を優先したいたのでそのような時期からのスタートになってしまいました。
それでも1年目で合格できたのは先生方の熱意のこもったご指導と的確なアドバイスのおかげだと思います。
先生は受験のことだけでなくいろんな面で相談に乗ってもらい大変助けてもらいました。それから、一緒に勉強した仲間がとても支えになって最後までがんばることができたのだと思います。辛い時期に一人ではなかったことは僕にとって大いにプラスでした。みんなに出会えたことに感謝したいです。
木更津美術研究所で得たことは、技術や感性、考え方はもちろんのことですが、今までにない内容の濃い有意義な受験までの期間を過ごせたことだと思います。この研究所で本気になって勉強すれば合格する可能性は十分にあります。それだけのサポートが整っているからです。
最後になりますが、先生、講師の皆さん、先輩方、一緒に勉強したみんなと応援してくれた友達、家族に感謝しありがとうと言わせていただきます。本当にありがとうございました。これから受験を考えている皆さんもぜひキサ美でがんばってください。


(安房高等学校)現役合格
武蔵野美術大学 デザイン情報学科

多摩美術大学 情報デザイン学科






私は高校2年の冬からほぼ1年間キサ美で過ごしました。
キサ美では、現実の厳しさや、絵を追及することの難しさを学び、そして何よりも絵を楽しんで描くことの大切さを教わりました。
何度も失敗して落ち込む私を先生はいつも暖かく見守っていてくれました。また、先輩たちからも大学の情報を生で聞けたり、時には厳しく、時には友達のように騒いだりしました。
そのおかげで、後ろ向きだった私も、徐々に前向きに考えられるようになり、少しずつですが、自分の納得のいく絵を描けるようになりました。
私はキサ美のアットホームさが大好きです。私が合格できたのは本当にキサ美のお陰です。ありがとうございました。
Where there is a will, there is a way
!