本文へスキップ

木更津美術研究所は芸大美大受験を志す方を専門的に指導する美術予備校です。現役合格多数

【お気軽にお問い合わせ下さい】
TEL 0438−23−1866
【受付時間】月〜金 10時〜20時 (土)10時〜17時

合格者のコメント集



合格おめでとうございます これからの活躍も期待しています!

(木村 円香 県立木更津高校 現役合格

●武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
●武蔵野美術大学 基礎デザイン学科
●東京造形大学 グラフィックデザイン専攻






私は高校2年生からキサ美に通い、絵を楽しみながら受験に望むことが出来ました。私はキサ美に来て、本当に良かったと思っています。個人指導の予備校ならではの温かさや、居心地の良さが、絵への集中につながり、質の良い練習ができたと思います。
キサ美では、生徒一人一人が自分の納得のいくような絵を描けるまで、先生が指導して下さいます。納得のいかないまま、沢山の人と競っても自分に自信をなくし、将来を諦めるようなことがあるかもしれません。
キサ美の先生は、一人一人の作品を10分以上かけて講評してくれます。受験で一番大事なのは、先生に教えてもらう基礎力だと思います。
私はキサ美で基礎をしっかり鍛えてもらったおかげで、試験の時も、他の受験生たちの様子に戸惑うことなく、自信を持って臨むことができました。
私が志望校に合格できたのもキサビに通ったおかげだと本当に思います。


(喰田 佳南子 木更津総合高校 合格
●多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
●多摩美術大学 情報デザイン学科
●東京造形大学 グラフィックデザイン専攻





合格までをフリカエル〜!
高校生の時は、色んなことが漠然としてました。分かったつもりで、分かってないってことがほとんどで…。でも、キサビの皆と絵の勉強をしているうちに、タマムサに行きたい気持ちはどんどん大きくなりました!
現役時代はとにかく部活漬けだった私。受験は勢いと体力で乗り切ったけれど、やっぱり結果を見た時は本当に悔しかったです、
浪人生になってからは、自分のことばっかりに時間を使えました。白い画面に、気持ちも技術もぶつけました。つい前のめりになって歩いてしまうくらい、必死な気持ちで毎日を過ごせたと思います。
仲間の存在は本当に大きかった、、家族以上に一緒に居ましたもん(笑)
私にとって浪人の1年間は、贅沢な贅沢な時間でした。
そして!こんな私を根気強く指導して下さった三浦先生。ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。


(榎本 紗織 君津高校 合格
●多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
●武蔵野美術大学 デザイン情報学科
●東京造形大学 デザイン学科グラフィックデザイン専攻





わたしは高2の秋頃から、キサビに通い始めました。
はじめは慣れない道具や環境に戸惑いましたが、先生や友達が優しく教えてくれたのでのびのびと制作することが出来ました。
キサビは少人数なのでデザインコース以外の受験生とも気軽に話が出来るのがいいところです。先生とも制作の合間やお昼休みには、たくさんの話をしました。デザインや美術史の話はもちろんしましたが、映画や俳優の話、美味しいパスタの作り方、それから宇宙の話まで!本当に幅広く話をしました。美大受験には関係ないことのように思うかもしれませんが、今となってはデザインだけではなく、いろいろなことに興味を持つきっかけになったと思うので、とても大切な時間であったと思います。
現役で落ちてしまったわたしに、一年間デザインについて真っ正面から考える時間を与えてくれたキサビのおかげで、今年は嬉し泣きすることができました。
本当にキサビには感謝しています。この気持ちを忘れずに大学でもがんばります!



(鴇田 芽衣子 木更津総合高校 合格

●多摩美術大学 生産デザイン学科 テキスタイル専攻
●多摩美術大学 工芸学科
●武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科
●東京造形大学 デザイン学科 テキスタイルデザイン専攻



私がキサビに入ったのは、高校を卒業してからでした。
今まで特にやりたいこともなかった私が、初めて自分で強く望んだことが美大受験でした。
全く何も描けない日や自信をなくし落ち込んだ時、納得のいかないものを生産してしまったことも多々ありましたが、諦めることなく努力し続け、結果として第一志望に合格できたのは先生の熱心なご指導と、仲間の存在があったからです。
コーヒーを毎日煎れてくださったり、たまに食事を作っていただいたり、色んな話をされたり、ご指導以外でもとてもお世話になりました。
この1年間は私にとってとても有意義で大切な時間でした。
この1年間で得たものを忘れずこれからもっと精進していきたいと思います。
本当にありがとうございました。



(高浦 向日葵 青葉高校 合現役合格
●多摩美術大学 工芸学科







私は高校2年生の秋からキサビに通い始めました。遅いスタートかと思い焦りましたが、じっくりと確実に基礎的な力を身につけることが出来ました。
キサビはとても暖かい雰囲気で、先生や友達とたくさん話をしました。時々、大学に進学した先輩やすでに美術の仕事をされている先輩方が訪れて、大学の事や職場のことなど、ためになる話をたくさん聞くことが出来ました。
高校では私以外に美大を目指す人がいなくて、なんとなく制作していましたが、キサビでは同じ目標をもって努力をしている仲間たちがとてもいい刺激になりました。
1年半の間でしたが、毎日美術に触れている生活はとても楽しく、素敵な時間をキサビで過ごすことが出来ました。
三浦先生、本当にありがとうございました。
キサビで学ぶことが出来て本当に良かったです。



(阿部 智夏 志学館高校現役合格
●多摩美術大学 情報デザイン学科







私は昔から絵を描くのが何よりも好きで、高校に入って進路を考えた時に絶対に美大行きたい!と思いました。
美大受験に臨むには、その「絶対」と思う気持ちが大切だと思いました。自分が頑張れば先生も一生懸命教えてくれます。
あと、絵を描くことが楽しいと言う気持ちが一番大切だと思いました。絵を描くのが楽しいと、受験という緊張の場でもリラックス出来ます。
初めはデッサンも全然できなかったのに合格出来たのは、先生と友達、家族のおかげです。
ありがとうございました!



(佐久間 千穂 君津高校現役合格
●多摩美術大学 情報デザイン学科
●東京造形大学 デザイン学科グラフィックデザイン専攻






私が美大を目指したいと思ったのは高校2年の秋ごろでした。冬期講習会で初めて本格的にデッサンをした時、訳も分からず困っている私に、三浦先生はとても丁寧にエンピツの削り方から量感の出し方まで、様々なことを教えてくださいました。
私はストレスからか元々持っていた喘息が悪化して、なかなかキサビに行けなくて精神的に焦ってしまうことがありましたが、三浦先生や一緒に美大を目指す友達に励まされ、なんとか最後まで乗り切ることが出来ました。
私にとってキサビは実技はもちろん、それ以外でも多くのことを学べる特別な場所でした!
キサビに入ってよかったです!
本当にありがとうございました!!



(岡村 康祐 袖ヶ浦高校現役合格
●東京造形大学 デザイン学科プロダクトデザイン専攻
●桑沢デザイン研究所 総合デザインコース






僕は部活動をしていたため、周りと比べてキサビに入ったのは遅くとても焦っていました。
最初は緊張して、制作もはかどらなかったけれど、先生のアドバイスで少しずつ楽しく制作が出来るようになって来ました。
時には思うように描けなかったり、うまく表現できなくてつらいこともありましたが、キサビにあるいろんな作品を見たりしながらあきらめずに頑張りました。
今、こうして合格できたのもキサビと三浦先生のおかげです。本当にありがとうございました。



(本間 菜未 木更津東高校現役合格
●東京造形大学 デザイン学科アニメーション専攻








3月に進路を決めた時は、今から予備校に入って美大に合格するかとても不安に思っていました。予備校ではとても上手な人がたくさんいて、自分はついていけるのか怖くなりました。
しかし、先生からたくさんアドバイスをいただいたり、友達からも元気や勇気をもらい頑張ることが出来ました。毎日の積み重ねは本当に大切だと思いました。
先生と友達の支えがあって合格することが出来たのだと思います。
木更津美術研究所で学んだことは、これからも大切にしていきたいです。



(水嶋 恵梨奈 長狭高校現役合格
●日本大学 芸術学部演劇学科








私がキサビに通おうと決意したのは、他でもない、この合格者コメントを読んでのことでした。自分がそのコメントを書けるなんて嬉しいです。
私は、第一志望だった大学の学部が募集停止になってしまい、進路変更をして日大の芸術学部を目指すことにしました。
日芸ではデッサンの試験が必要になり、焦って実技対策を始めましたが、受験のことを意識するあまり、楽しく絵を描けなくて不安になることもありました。
木更津美術研究所に通い始めてからは、自分の世界に集中でき、アドバイスをして下さる先生や友達のいる空間で制作ができたお陰で、今ではデッサンが大好きです。
三浦先生、親身なアドバイスと美味しいコーヒー、ありがとうございます!



(鈴木 香南 木更津総合高校現役合格
富山ガラス工芸研究所 造形科






高校3年生になり、進路を考え始めた時、両親から富山県にあるガラス工芸の工房があることを知り、そこで学びたいと強く思いました。
ただ、そこは入学試験があり、受験生たちの中には美大を卒業された方たちもいる難しい実技試験とわかりました。
知り合いに美大を出て活躍されている方がおり、その方が木更津美術研究所で勉強したと聞き、実技対策として通うことを決めました。
木更津美術研究所では、充実して実技を学ぶことが出来ました。そのおかげで、ものを作る楽しさの発見を多くさせてもらい、合格できたことを嬉しく思います。
これからも頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。



次へ