本文へスキップ

木更津美術研究所は芸大美大受験を志す方を専門的に指導する美術予備校です。現役合格多数

【お気軽にお問い合わせ下さい】
TEL 0438−23−1866
【受付時間】月〜金 10時〜20時 (土)10時〜17時

合格者のコメント集


合格おめでとうございます これからの活躍も期待しています!

(斉藤 成実 君津高校 現役合格
●多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
●多摩美術大学 情報デザイン学科
●武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
●武蔵野美術大学 基礎デザイン学科
●武蔵野美術大学 デザイン情報学科




私は高校1年の冬から、画材の使い方もどのような作品が良い作品なのかもわからないような状態でキサビに通い始めました。
上手く描けないときは、何度か心が折れそうになりましたが、先生の指導や、共に努力した仲間の支えにより、大学へ合格できる画力を身に付けることが出来ました。
キサビは、生徒が少人数制なので、個人の進度にあわせた指導で授業の密度が高いです。
時間内で完成させるよりも、生徒が納得するところまで制作することを優先するため、焦らず画力の向上のために、じっくり制作することが出来ました。
また、先生から卒業生や自身のお話など、様々なお話を聞くことが出来て、とても楽しかったです。
そして、生徒同士が仲が良く、アドバイスしあったりして、受験だけでなく、デザイナーや学生の活動などの情報交換も出来ました。
私が辛い受験を乗り越えられたのは、このような先生の指導や仲間の支えがあったからです。
この経験を忘れずに大学でも頑張っていこうと思います。


(佐々木 恵理 木更津高校 現役合格
●多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
●多摩美術大学 情報デザイン学科
●武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
●武蔵野美術大学 基礎デザイン学科
●武蔵野美術大学 デザイン情報学科
●東京造形大学 デザイン学科グラフィックデザイン専攻



わたしがキサビに通い始めたのは、去年の春からでした。
そのつい数ヶ月前までは進路が決まっておらず、好きなことがやりたい!と思って、美大を受験しよう!と決めました。
キサビに入ってからも、今までしっかりとデッサンしたり、絵の具に触れる機会もほとんど無かったので、何がなんだかわからずに、とにかく出された課題を仕上げるのに精一杯でした。
しかし、三浦先生のわかりやすくて、あきっぽい私が興味をそそられるような楽しい指導のおかげで、毎日楽しく!ヒジョーっに楽しく!制作ができ、たくさんたくさん成長することが出来ました。
キサビはアットホームで少人数制だったので、アドバイスを受けやすく、美術の初心者が受験するにはすばらしい環境だと思います。
キサビのみんなで励ましながら、お互いに良いコンディションで受験に臨めたので合格できたのだと思います。
心から先生とキサビの皆様に感謝です!! ありがとうございました!!!!!



(河野 仁美木更津高校 現役合格

●多摩美術大学 情報デザイン学科
●東京造形大学 デザイン学科 グラフィックデザイン専攻



部活動一筋で高校生活を過ごしてきたので、私が美大受験対策でキサビに通い始めたのはみんなよりも少し遅いスタートでした。
わからない事だらけで通い始めましたが、先生の丁寧な指導のもと、どんなに細かいこともわかりやすく教えてくださいました。
また、作品の講評のときも、どこが悪かったのか、そして次にどう改善するべきか、というように、次の作品に向けて様々なアドバイスやヒントを与えてくださったので、作品を描くたびに上手く描けるようになるという実感に繋がった気がします。
そして、キサビで出会えた仲間も、私にとっては、かけがえの無い存在です。みんなが作品を描く様子や、お互いの講評など、学べる部分が本当にたくさんでした。
普通の予備校ではなかなかないくらいに、アットホームな雰囲気のキサビが本当に大好きです。
先生をはじめ、最後まで応援してくれた家族や同級生、キサビの仲間には感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました!!



(渡辺 彩子 木更津高校 合格
●武蔵野美術大学 基礎デザイン学科


去年の春に、私は1からデザインの勉強をするために今まで通っていた大学をやめ、キサビで学ぶことを決意しました。
いざ、本格的にデッサンを始めると、様々な壁に突き当たりました。
特にデッサンにおいてはなかなか上達せず、途中で投げ出してしまいたいという思いに駆られることもありました。
それでも、三浦先生が作品の改善すべき点について何度も丹念に指導してくださったことや、キサビの仲間たちと互いに作品について意見交換をしたり、他愛の無い会話を交わしたりする中で、知識は増え、感性も磨かれ、制作する楽しさを知ることが出来ました。
そうした経験が最終的に志望大学に合格という結果をもたらしてくれたのだと思います。
これからの人生の新しい舞台に立とうとしていますが、キサビを通して経験したことや学んだこと、そして出会った人たちのことは一生忘れません。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


竹内 祥子
((木更津東高校)合格
多摩美術大学
グラフィックデザイン学科
多摩美術大学
情報デザイン学科
情報デザインコース
武蔵野美術大学
基礎デザイン学科



私は高校生の頃、漠然と美大に行きたいとは思っていましたが、自分の画力では無理かもしれないと諦めかけていました。そんな高3の夏に学校の先生から紹介して貰ったのが、キサビでした。
何も分からず始めた美大受験でしたが、キサビは少人数制で集中して制作に取り組め、先生の親身な指導で制作を続ける力を身につけることが出来ました。現役の時に落ちてしまい、自信が無くなって、不安や焦りでうまく描けない日が続いた時も、先生や親や友達が励ましてくれたお陰で一年間頑張る事が出来ました。
一度落ちても諦めずに続けられて、希望の学科に受かる事が出来たのは、キサビで学んでいたからだと思います。一年半本当にありがとうございました。
大学に行ってもキサビで学んだ大切な事を忘れずに頑張っていきたいと思います。



島野 由衣
(志学館高校)
現役合格
多摩美術大学 
絵画学科 油絵専攻



私が美大進学を考えはじめたのは高1の時です。漠然と「絵を描きたい」とだけ考えていた私は、実際美大について詳しく知らず、右も左もわからない状態のまま「ま、行けばどうにかなるかな」ぐらいの気持ちでキサビを訪れました。が、いざ来てみてびっくり「え!?同い年でこんなに絵がうまい人がいるの!?」教室にいたキサビ生たち全員がとても上手でした。もう、出だしから泣きそうになりつつあった私に先生は、一から丁寧に教えてくださいました。本当に感謝しています。
キサビでは、同じ志を持つ、素敵な仲間たちにも出会えました。皆の画を制作過程から間近に見る事は、とてもいい刺激になりました。
1人1人が作品に真摯に向き合い、制作をするキサビの環境は、絵を描く上でとても大きな飛躍の場となると思います。キサビで過ごした時間は、私にはとても大切な時間になりました。
先生、長い間有り難うございました。そして、一緒に絵を描いたみんな、楽しかったよ!有り難う!!



前へ / 次へ